COPYRIGHT © SARD. ALL RIGHTS RESERVED.

ABOUT US

一般社団法人 
札幌圏地域データ活用推進機構 概要

名称

「一般社団法人 札幌圏地域データ活用推進機構」略称:SARD(サード)
(Sapporo Area Regional Data Utilization Organization)

目的

市民生活の向上や経済活動の活性化等に資するため、地域で発生し官民が保有する様々なデータ(いわゆる「官民データ」)を協調して利活用できる環境を整備し、官民がこぞってデータ利活用を促進することによって札幌圏における「データの地産地消」を実現するとともに、先駆的に取り組むことによって得られるマネジメント基盤の構築・運営ノウハウを全国へ発信・展開することを目的とする。

事業
  • ⑴ 行政データのオープン化、利活用支援事業
  • ⑵ オープンデータ活用企業へのデータ利活用マッチング支援事業
  • データ利活用を推進する人材(データサイエンティスト、マーケター、コンサルタント)の育成支援事業
  • ⑷ 連携中枢都市圏のデータ利活用推進の「ハブ(中心・中核)」としての事業
  • ⑸ 圏域住民の啓蒙活動やデータ利活用による地域課題の解決支援事業
  • ⑹ 圏域のデータを活用した産業振興及び新たなサービス・ビジネスモデルなど価値創造の支援事業
  • ⑺ その他当法人の目的を達成するために必要な事業
役員
理事長
札幌市副市長町田 隆敏
副理事長
札幌市まちづくり政策局長小西 正雄
札幌商工会議所 専務理事廣田 恭一
一社)札幌観光協会 専務理事今井 啓二
設立時社員

札幌市
㈱北洋銀行
㈱北海道銀行
㈱北海道新聞社
一社)札幌観光協会
札幌商工会議所
一財)さっぽろ産業振興財団
イオン北海道㈱
日本電信電話㈱
フュージョン㈱
㈱北海道アルバイト情報社

組織構成
沿革

「2019年7月 一般社団法人 札幌圏地域データ活用推進機構」設立

住所

〒060-0061 北海道札幌市中央区南1条西6丁目20−1 ジョブキタビル9階