キャッシュレスSAPPORO 推進キャンペーン キャッシュレスSAPPORO 0円パック

「キャッシュレス・消費者還元制度」にあわせて、中小・小規模事業者をご支援します!

TOP 「キャッシュレスSAPPORO推進キャンペーン」について

「キャッシュレスSAPPORO
推進キャンペーン」
について

キャンペーンの位置づけ

  • 外国人観光客の増加や消費税の増税対策に伴うキャッシュレス決済に対する関心の高まりを踏まえ、各種決済手段に対応する決済端末の導入の促進、札幌市内におけるキャッシュレス環境の整備が急務となっています。このような背景から、キャンペーン実行委員会では、「キャッシュレス環境整備の機運醸成」「市内中小事業者への決済端末導入の働きかけ」に取り組んでいます。
  • 飲食メニューや商品、プロモーションの改善にもお役立ていただけるように、札幌市ICT活用プラットフォームを活用した「購買データを見える化して分析する機能」をあわせてご提供いたします。
  • 経済産業省「キャッシュレス・消費者還元事業」による補助金(機器類と決済手数料の一部)に加え、札幌市による機器類の補助金をあわせて活用して、対象事業者(参加加盟店)様へサービスをご提供いたします。

データ引用元:DATA-SMART CITY SAPPORO

キャンペーン期間

2019年9月上旬~2020年6月末日

キャンペーン
実行委員会(順不同)

支援団体
札幌市、札幌商工会議所、札幌市商店街振興組合連合会、(一社)札幌観光協会、札幌総合情報センター(株)、東日本電信電話(株)、北海道新聞社
決済事業者
(株)北洋銀行、(株)北海道銀行、(株)札幌北洋カード、道銀カード(株)、(株)ニッセンレンエスコート、(株)ほくせん
事務局
(一財)さっぽろ産業振興財団、(一社)札幌圏地域データ活用推進機構(略称:SARD)

キャンペーン参加の
めやす

  • 経済産業省「キャッシュレス・消費者還元事業」の対象事業者であること
  • 札幌市内に所在する店舗に機器を設置し使用すること
  • クレジット決済とSAPICA決済と中国QRコード決済を導入すること
  • クラウドPOSレジ「スマレジ」を導入し、会計に利用すること。また、会計操作時に顧客属性ボタンを操作し、外国人(可能なら国名も)か本邦人かを判断し入力することに同意すること
  • SARD(※1)利用会員(※2)として登録し、「スマレジ」を通して得られるPOSデータ(顧客属性、商品分類、商品名、金額等)をSARDに提供することに同意すること
  • Satisfoodを利用(有料のオプション契約)する場合は、Satisfoodを通して得られるメニューの選択データをSARDに提供することに同意すること

※1 (一社)札幌圏地域データ活用推進機構 ※2 「利用会員C」として

ご注意事項

参加条件を満たしていても、所定の審査により「キャッシュレス・消費者還元事業」「キャッシュレスSAPPORO推進キャンペーン」参加のご希望に沿えない場合もございます。